順調に標本の世界へ!
- 2013/06/05(Wed) -
これまでは完全に飼育のみでしたが数年前から標本作成も始めました
ひとつ作ってみるとこれがまた面白いこと
今では採集個体、飼育個体問わずズラリ並べています


2013,6,4ミヤマクワガタ標本

こちらは展足後の乾燥中
顎の開きや脚の高さなどは自分なりのルールであって顎も一般的なものより開き過ぎでしょう
でも良いんです
あっという間に時間が過ぎてしまうくらい作成中は没頭出来て良い仕上がりのものはいつまででも眺めてしまう
昨年に☆になった数種類の展足がまだ終わっていないので採集シーズンを前に若干焦ってます(笑)




スポンサーサイト
この記事のURL | 標本作成 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<樹液場案内『ナミヒカゲ』! | メイン | 片所谷戸観察路散策!>>
コメント
-上手ですね、流石です(^O^)b-
ミヤマは死んでしまうとバラバラになりやすい分
上手く標本にできると
貫禄があり格好良いですよね(^O^)b
私も滅多に作らないですが思い入れのある個体は
頭部の下に綿を隠し頭部を持ち上げて威嚇風に
作成しています(^O^)b
2013/06/08 20:26  | URL | クレージーサマー森崎 #-[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは。-
クレージーサマー森崎さん、こんばんは♪
ミヤマは立体的なので標本箱の中では映えますよね(^-^)
種類関係なく採集した日付順で並べているので多種に比べて目立ちます!
威嚇風な仕上げも良いですね(^-^)
威嚇のときこそクワガタの風格が一番発揮されて居ると思います♪
いずれはライブ標本とかも挑戦したいです!
2013/06/08 21:48  | URL | 100up #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yanaginomori100up.blog.fc2.com/tb.php/33-c95bac15
| メイン |