『アカガエル』の産卵!
- 2016/02/14(Sun) -

今日は20度を超える暖かい日でした
長女さん、次女さんと近くのお山にむぎくんの散歩に出かけました



2016年2月14日撮影 『オオイヌノフグリ』

2016年2月14日散歩

本当に暑くて半袖の人もいたくらい
オオイヌノフグリも咲き乱れます
しかしなんでこんな名前を付けられてしまったのか

2016年2月14日おおいぬのふぐり

暖かいこともあってかなり遠くまで歩いてきました




春先にオタマジャクシの捕れる池のほとり
「クルルクルルクルル」という鳴き声に子どもたちが気づき大騒ぎです


2016年2月14日『アカガエル』

荒れた画像ですがわかりますか
子どもたちが近づいたのでほとんどが潜ってしまいましたがしばらくすると浮いてきました




2016年2月14日撮影 東京都八王子市『二ホンアカガエル』

2016年2月14日『アカガエル』

2016年2月14日『アカガエル』

二ホンアカガエルと書きましたがヤマアカガエルかもしれません悪しからず
しかしみごとな卵塊が池を埋め尽くします
調べてみると早ければ1月頃から産卵活動が見られ終わるとまた5月頃まで枯葉の中などで越冬するそうです
確かにこの時期なら魚も活動が鈍いしザリガニもいません


2016年2月14日『アカガエル』

2016年2月14日『アカガエル』

2016年2月14日『アカガエル』

山梨県甲州市で7月頃にアカガエルの親とオタマジャクシを確認しているのでやっぱり二ホンアカガエルかなと勝手に考えています



ちなみに去年撮影した『二ホンアカガエル』?の幼体の画像がこちら

2015年7月18日撮影 東京都八王子市『二ホンアカガエル』
2015年7月18日撮影 『二ホンアカガエル』

田んぼの減少や用水路のコンクリート化で個体数が激減しているそうです
都の管理で守られた自然豊かな丘陵地などで局所的に生き延びているアカガエル
この地域がギリギリながらまだ自然が残されているという証なのかもしれません




スポンサーサイト
この記事のURL | 水辺写真館 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<梅の花が見頃です! | メイン | シェンクリング瓶交換!>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yanaginomori100up.blog.fc2.com/tb.php/226-e1c0b0fc
| メイン |