標本の仕上り確認!
- 2015/01/12(Mon) -


展足していたミヤマクワガタの乾燥期間も終わり仕上がりを確認してみました


標本作成2

標本は真上から見た展足の統一感も大事ですが意外と仕上がりを決めるのが横からの見た目
足の高さや触角の高さも揃っているととてもきれいに見えます
この個体は中脚が下がってしまったので爪だけやり直しをしました



標本作成1

ミヤマクワガタは立体感があって標本としては映えます
斜めから見るとやっぱり中脚が気になってしまう

同時にさらに7頭の展足を完了
今日で2013年採集個体の展足がすべて終わりやっとその年に追いつけそう
標本用に絞めたりしないので2014年個体は特に状態の良い個体が少ないですがなるべくきれいに残したいです






スポンサーサイト
この記事のURL | 標本作成 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<生命の星地球博物館! | メイン | 飼育の醍醐味ってなに?>>
コメント
--
とても細部にこだわって標本を残しておられるのですね。
私はそこまで足の角度にこだわらず、標本を作ってしまっているので、この綺麗な標本を拝見すると、自分の乱雑さが恥ずかしいです・・・
ミヤマに毛がたくさん残っているように思われますが、うまく毛を残して標本にするやり方がありましたら、是非ご教授いただきたいです。
2015/01/13 22:43  | URL | モモンガ #-[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは、モモンガさん-
微毛はこの個体がたまたまきれいなだけです(笑)
特に施す処理は行ってません。
実際に今乾燥中の2014年個体はボロボロです(笑)
単純ですが綺麗なうちに〆るのが一番のようです♪
2015/01/14 01:45  | URL | 100up #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yanaginomori100up.blog.fc2.com/tb.php/162-4ca41ba4
| メイン |