ゆっくり標本作成!
- 2017/01/03(Tue) -

正月休みはゆっくり標本も作製できました
2014年~2016年までの採集個体を展足
大き目の発泡スチロール2枚を擁して全個体完了最後のほうはやや雑になりつつ

2016年1月3日 標本作成

2016年1月3日 標本作成

2016年1月3日 標本作成

並べてられるのはノコギリクワガタ・ミヤマクワガタとアカアシ・コクワ
やっとの思いで採集したヒメオオクワガタはまだまだ存命
常温でも日中にはゼリーを食べてます
クワガタを標本用に絞めることはないので触角・爪先がない亡骸もありますが毎度飼育ケースからしっかり回収しています
このまま2カ月間の乾燥の後、瞬間接着剤で固定して完成です



むぎ

散歩待ちのプレッシャーを浴びながら



スポンサーサイト
この記事のURL | 標本作成 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
初のライブ標本作成!
- 2016/09/28(Wed) -

今日は仕事の予定が空き嬉しい休暇となりました
当然、予定もなくどうするかとお嫁さまと話していたところ近所の子どもたちに標本の指南をしてほしいと要望が
夏にクワガタ採集ツアーを開催した長女さん次女さんの友達です
午前中のうちにコレクションケースや人工藻玉など小物を調達
お嫁さまの声掛けにより学校、幼稚園終わりに我が家へ集合してきました

9月に入って親虫たちは死んでしまったとは聞いていたのですがきれいに保管をしていたようで状態もGOOD

2016年9月28日撮影 ライブ標本作成

2016年9月28日撮影 ライブ標本作成

2016年9月28日撮影 ライブ標本作成

2016年9月28日撮影 ライブ標本作成

ワイワイガヤガヤしながら作った初のライブ標本
まずまずの出来かなと思いますが何より子どもたちが喜んでくれたのでヨシとしましょう

2016年9月28日撮影 ライブ標本作成

威嚇しながら、あるいは戦闘中のような躍動感を出したかったのですがかなりの難易度
時間を設けて発泡スチロールで先に体を起こした威嚇体勢のような展足をしておいたほうがうまくいきそうです
うまく作れればインテリア性も抜群標本の楽しみが増えました
今度は我が家のミヤマクワガタもきれいに作ってみよう



この記事のURL | 標本作成 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
久しぶりに標本作り!
- 2016/07/25(Mon) -

本日午後は子どもたちとお嫁さまはお出かけです
相模大野で子供向けのコンサートだかに行くらしい

久しぶりの自宅での時間は標本づくりに決定
高校野球東東京大会準々決勝をみながらのんびりとします
しかし都立高の躍進は凄まじいです
打撃力はまだまだ競合私学には劣るものの投手力の高さは自分たちの時代では考えられないほどです


2016年7月24日撮影 標本作成

2016年7月24日撮影 標本作成

2016年7月24日撮影 標本作成

乾燥させていたものもばっちり乾いたので桐製標本箱に収めます
札が出来ていないので個体情報をマスキングテープに書いて一緒に刺しておきます



2016年7月24日撮影 標本作成

2016年7月24日撮影 標本作成

まだ2014年度の標本作成中
なんとか今年分まで今年中に追いつきたいです
ちなみに中央のオオクワガタはもちろんブリード物

相変わらずの顎開き過ぎ展足ですが自己満足で進めています




この記事のURL | 標本作成 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
標本の仕上り確認!
- 2015/01/12(Mon) -


展足していたミヤマクワガタの乾燥期間も終わり仕上がりを確認してみました


標本作成2

標本は真上から見た展足の統一感も大事ですが意外と仕上がりを決めるのが横からの見た目
足の高さや触角の高さも揃っているととてもきれいに見えます
この個体は中脚が下がってしまったので爪だけやり直しをしました



標本作成1

ミヤマクワガタは立体感があって標本としては映えます
斜めから見るとやっぱり中脚が気になってしまう

同時にさらに7頭の展足を完了
今日で2013年採集個体の展足がすべて終わりやっとその年に追いつけそう
標本用に絞めたりしないので2014年個体は特に状態の良い個体が少ないですがなるべくきれいに残したいです






この記事のURL | 標本作成 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
遅れ気味の標本展足!
- 2014/07/26(Sat) -

休日にかなり久しぶりながら標本展足をしました
軟化させて展足完了まで5頭で約3時間
実はまだ2012年採集の個体の展足を行っているところです(画像のオオクワガタは飼育品です

標本展足2

標本展足1

夏休み中には2013年分まで終わらせる予定
数はそんなに多くないので始めればすぐ終わるのですが落ちつける時間がないとなかなか進みません

今日は乾燥まで終わった個体を標本箱に移す作業もしましたがきれいに出来上がると楽しいです



この記事のURL | 標本作成 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ